Relaxationマッサージ店のご案内です。

  • 2022年9月23日 (金)

    カテゴリ:

    足のアーチ

    瀬戸・尾張旭に皆様こんにちは

    台風が日本をなめるように進んだ後は一気に涼しくなりましたね。

    巻き爪補正をするようになって足を見直してみると実は多い足のお悩み

    だけど…ボディケアするときは肩や腰の疲れのほうが気になり

    あまり申告される方は少ないように思います。

    こんな足もとのお悩みを抱えている方は、

     ・タコ・魚の目ができている

     →開張足(かいちょうそく)

     ・土踏まずがあまりない

     →偏平足(へんぺいそく)

    アーチの崩れが起きている可能性が非常に高いです。

    開張足は横アーチが落ちてしまった状態。

    偏平足は内アーチが落ちてしまった状態。

    「アーチの崩れ=足の筋力低下」ということです。

    開張足の方は、本当に増えているようで私もその中の一人です。

    残念なことですが、

    もはや偏平足よりもポピュラーなトラブルかもしれません。

    それでは、足の3つのアーチが崩れてしまったら、

    一体どういう症状が起こるのでしょうか?

    開張足や偏平足になると、どんなリスクがあるのでしょうか?

    アーチがなくなった足は、グラグラし、かなり不安定になります。

    衝撃を分散できる足裏の3点(母指球・小指球・踵)と、

    踏ん張りが効く5本の足指、合計8点で立てなくなるからです。

    横アーチが落ちると骨格の構造上、足指が地面から浮いてくるのです。

    これは自動的に起こる現象で、浮き指と呼ばれ、

    子供たちの足トラブルとしても知られるようになりました。

    足指ではなく、足指付け根中央と踵の2点立ちの人も多いですね・・・

    これでは、歩くたびに着地の衝撃が膝や腰にダイレクトに伝わりますから、

    少し歩くだけでも疲れやすくなります。

    偏平足の方は、

    「歩くと疲れて、熱をもつから、夜に足を冷やす」

    となります。

    開張足の方も、

    「歩くと疲れるから、できるだけ歩かない」

    となります。

    そして、怖いのはここから。

    あるアーチが弱って、崩れると、

    体は無意識に、そこをカバーするように働きます。

    これが足裏自体のバランスを悪くして、

    別の足トラブルを誘発することになるのです。

    例えば、偏平足の人は開張足になりやすいですし、

    開張足の人は、足の小指脇に魚の目ができやすくなったりします。

    極端に言えば、

     開張足が発生!

     →横アーチがないので、小指側に体重がかかりやすくなる(O脚傾向)

     →圧がかかり続けて、下を向いているはずの小指が横を向く(寝指)

     →靴の中で小指が摩擦を起こす

     →角質が厚くなり、タコ・魚の目に発展

     →痛みを避けるため変な歩き方になる

     →結果、外反母趾になる

    こうしたステップを経て、足トラブルの負のスパイラルとなっていくのです。

    また、足は、全身を支える基礎・土台ですから、

    全身に影響を及ぼさないはずがありません。

    家の基礎が崩れていたら、柱が立たないのと同じことです。

     ・働かない足を、ほかが補う・負担する(代償運動)

    無意識にそうなりますから、

    膝痛、腰痛、肩こり、偏頭痛など、全身の不調を引き起こしていくのです。

    膝を曲げながら歩いている人は、足指の代償運動を膝にさせています。

    これが、膝の軟骨がすり減る一因になるのです。

    『足のトラブルは、足だけにとどまらない』

    ということを、ぜひ覚えておいてください。

    ● アーチを復活させるために

    でも、偏平足でも、開張足でも、大丈夫です!

    毎日しっかりとケアしてあげれば、アーチを取り戻すことは充分可能です。

    幼少期から偏平足だった方も、

    大人になってから開張足になってしまった方も、

    その根本的な原因は同じです。

     ・足指を使わずに、歩いている

    ということ。

    本当は足に合う靴を履いて、正しく歩くことが一番の処方箋なのですが、

    ここではまず、足指の復活を目的にした簡単な運動をご紹介しておきます。

    1.タオル寄せ運動(タオルギャザー)

     1. タオルを床におき、左足を乗せた状態でイスに座る

     2. 足の指を動かして、たぐり寄せる

     3. この運動を左右で3〜5セット繰り返す

    ポイントは、「足首を動かさず」「足指」で行うこと。

    エアータオルギャザーでも充分です。

    本気でやるなら、タオルの上に「重石」を乗せてもいいでしょう。

    ダンベル3キロくらいが目安でしょうか。

    目的は、足指を動かせるようになること。

    足指の感覚さえなくなっている方も、とてもとても多いです。

    最初はつってしまう方も多いですが^^、大丈夫です。

    動かし続けているうちに、足指の感覚を取り戻せるでしょう。

    2.足指じゃんけん

     1. 左足から、片足でじゃんけんをする

     2. グーは全ての指を閉じ、

       チョキは親指だけ開き、

       パーは全ての指を開く

     3. この運動を左右で10セット繰り返す

    ポイントは、「グー」。

    足指の第3関節(親指は第2関節)が、

    手のグーと同じくらい「出る」ことをイメージしてくださいね。

    どこまで、「足指で握りきれるか」がとても大切です。

    この2つの運動、いつも足指を使わないで歩いている人は、

    なかなか難しいと思います。

    でも、関節は、動かしてあげるうちになめらかに動くようになります。

    どうぞ、ご安心くださいね。

    ここ、とても大事です。

     ★使わない関節は動かなくなる

     ★使わない筋肉は落ちていく

    これが人体の大原則です。

    逆もまた然りです。

    頑張ってジムに通うのもいいと思いますが

    まずはゆるーくお家でできるタオルギャザーや足指じゃんけんお試しください。

    それではまた・・・

prev 気圧の変化にご注意を!
気圧の変化にご注意を!

お問い合わせ

お問い合わせ

緊張型頭痛,疲れ目,眼精疲労,お気軽にご相談ください!!

0561-69-0245

受付時間 8:30~16:30( 定休日:月曜日 | 木曜日 )

足のアーチ

Relaxationマッサージ店のご案内です。

ほぐしやさん瀬戸店

住所 愛知県瀬戸市汗干町4-1
営業時間9:00~17:00( 定休日:月曜日 | 木曜日 )

足のアーチ
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0561-69-0245
メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

お問い合わせ

緊張型頭痛,疲れ目,眼精疲労,お気軽にご相談ください!!

0561-69-0245

受付時間 8:30~16:30( 定休日:月曜日 | 木曜日 )

足のアーチ

Relaxationマッサージ店のご案内です。

ほぐしやさん瀬戸店

住所 愛知県瀬戸市汗干町4-1
営業時間9:00~17:00( 定休日:月曜日 | 木曜日 )

足のアーチ
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0561-69-0245
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2018 ほぐしやさん瀬戸店 All right reserved.